術後すぐは多少の影響はある

亀頭は男性器の中でも目立つ部分であり、その部分にブツブツがあると見た目が悪くなってしまいます。
女性が見たときに印象を悪く持たれてしまうリスクもあるので、亀頭ブツブツ除去の施術を受けるのが大切です。
亀頭にブツブツができる原因はたくさんあり、有名なのが尖圭コンジローマやフォアダイスなどがあります。

尖圭コンジローマとフォアダイスが原因でブツブツが発生すると、亀頭ブツブツ除去の施術を受けないとブツブツを除去することはできないです。
施術後は綺麗な男性器を手に入れることができますが、亀頭ブツブツ除去の施術をした後は患部に包帯が巻かれる可能性があります。
数日ぐらいで包帯は取ることができますが、包帯が巻かれている最中は勃起に多少の影響があると考えられます。

基本的には勃起することを防いだほうが安心ですから、余り患部を刺激しないようにするのが大切です。
包帯が取れたら普通に勃起しても問題ないので、術後の少しの期間だけ我慢すれば影響は解消されます。

尖圭コンジローマの場合は性行為に制限が伴う

亀頭のブツブツを解消できる亀頭ブツブツ除去の施術は、とても便利な存在です。
包茎手術よりも術後の制限も少ないですし、勃起に与える影響も少なくて済みます。
施術を受けた当日か翌日ぐらいからは、患部を濡らさないようにすればシャワーを浴びることもできます。

1週間ぐらい経過をすれば湯船に浸かるのも問題なくなるので、日常生活に与える影響は小さいです。
仕事やスポーツもできますし、亀頭ブツブツ除去をおこなった患部が完治すれば、性交渉も問題なくおこなうことができます。
しかし尖圭コンジローマで生じたブツブツを除去した場合は、性交渉に制限がかかることがあるので注意が必要です。

尖圭コンジローマは再発するケースがあるので、担当医の話をよく聞いて対応していく必要があります。
患部が完治すれば勃起をしたときに痛みが発生するケースも少ないと考えられますが、仮に痛みを感じた場合は施術を受けた病院からアフターケアを受けるのが安全です。

まとめ

亀頭のブツブツで悩んでいるときは、亀頭ブツブツ除去の施術を受けるのが便利です。
術後すぐは患部の部分に包帯が巻かれる可能性があるので、その時点では勃起に影響がでる可能性はあります。
しかし完治をすれば、勃起に影響がでるケースは少ないです。

尖圭コンジローマのブツブツを除去した場合は、性交渉に制限がかかる可能性があるので、その点は注意が必要になります。
仮に痛みを感じても、多くの病院でアフターケアを用意していますから、そのようなサポートを受ければ問題は解決される筈です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です