亀頭ブツブツ除去は一定期間安静が必要

亀頭ブツブツ除去の手術はほとんどの場合で、1時間以内で治療が完了しますし、日帰りで手術ができる手軽さがありますが、基本的にはブツブツをレーザーなどで焼き取るため、術後ペニスにはダメージが残り一定期間安静が必要となります。
安静が必要な期間はダウンタイムと呼ばれているのですが、具体的に亀頭ブツブツ除去のダウンタイムはどの程度必要であり、どのように推移していくのでしょうか。
術後は1週間程度経過をすれば日常生活には支障なく過ごすことができるようになりますし、術後から2週間が経過すればマスターベーションや性交も存分に行うことが可能です。
またシャワーは当日から可能であることも多いので、亀頭ブツブツ除去の手術を受けた後は、当日からシャワーを浴びても良いかどうかを担当医に確認しておくと良いでしょう。

なおダウンタイムの期間中にペニスに痛みや違和感を感じた場合には速やかに担当医に相談をしましょう。

術後の具体的な過ごし方

亀頭ブツブツ除去の手術は2週間が経過すればマスターベーションや性交も可能となりますし、1周間が経過すればほぼ問題なく日常生活を過ごすことができます。
そのため術後からの1周間が重要と捉えられるわけですが、その間はどのようなことを心がけて過ごせばよいのでしょうか。

手術を受け当日はできるだけ安静に過ごすようにし、シャワーを浴びる際には石鹸などで患部を強くこすらないようにすることが大切です。
手術から3日以上が経過をすると、石鹸を使って患部を洗ったり、入浴が認められるケースが大半です。

またアルコールの摂取や刺激の強い食べ物などは、1周間が経過するまでは基本的に控えることとなります。
同様に激し運動や自転車など患部に負担がかかるような動作も術後1周間は控えるのが賢明と考えられます。
1周間が経過した後は、基本的にこれらの制限も解除されることとなるので、節度のある行動を心がけることが大切です。

まとめ

亀頭ブツブツ除去の手術は1週間程度のダウンタイムを過ぎれば、マスターベーションや性交などをのぞいてほとんど不自由なく過ごすことができます。
1週間の期間中はアルコールの摂取ができなかったり、思うように体を動かすことができないなどの制限はありますが、手術を受けた割には、非常に大きな制限というわけではないため、比較的低負担で治療を受けることができます。

亀頭のブツブツに悩んでいる場合、積極的な治療をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です