ペニス増強剤を利用する場合月に1万円が目安になります。
長茎術の費用の目安は30万円になります。
費用に関しては、ペニス増強剤を3年間以上利用するのであれば、長茎術の方がお得だと言えるのではないでしょうか。
リスクについても違いがあります。
ペニス増強剤は利用方法を間違えなければ副作用などはあまりないと言われています。
長茎術に関しては増大効果を期待する場合切る方法によるので、リスクが少し上がってしまうと言えると思います。
実際にあった事例ですが、増大手術を行って壊死してしまいおしっこをするのにも困難になったと言う事例があります。
ペニス増強剤はインターネット上で完結するので、気軽に利用することができると言えます。
長茎術に関しては手術なので、カウンセリング・手術・アフターフォローなどでクリニックに行くことになるので、思いたったあとすぐには行いにくいと言えるのではないでしょうか。
そもそも、サイズアップをする必要があるのかを考えてみるのも良いかも知れません。
必要だと思うならまずはペニス増強剤を利用してみると良いかもしれません。
そして数年利用してもどうしてもコンプレックスが解消しない場合に長茎術を行うと言う考え方の方が良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です